--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/24 (Tue) 小龍包ランチ@随園別館 新宿2丁目
随園別館~ずいえんべっかん~”は東京で食べる中華の中ではお気に入りの店。
看板メニューは水餃子。と合載帽
合載帽とは、五目野菜炒めに薄焼き玉子の帽子をのっけて、テンメンジャンを塗ったベキンダック用の皮で包んで食べる料理のこと。
だけど、今日は小龍包気分だったので、お得な小龍包ランチセット(750円)にした。

20060124150516.jpg


小龍包に、担々麺、砂肝チャーハン、スープ、杏仁豆腐が一同にそろう、恐るべし男前ランチセットなのだ。

20060124150845.jpg

しかも炭水化物ばっかり  笑

ここを好きな理由は、その雰囲気。従業員さんはみんな中国人。大陸の言葉が飛び交う店内はいつもにぎやかだ。

"こっちのお姉さん、小龍包セットね、はやくしてっ”
”食事だすときには、「ごゆっくりどうぞ」って言うんだよっ!!”
てな感じだろうか。

そして久々にまの当たりにした、中国人の仕事の早さ。早さこそ、彼らの信条なので、それはそれは効率がいい。だけど、まだお口をもぐもぐしているのに、お皿を片付けたりしないのは、日本人向けに教育されているのだろう。
本当は、早く片付けたくて仕方ないに違いない、と思う。

ランチは日本人客が多いけれど、週末の夜になると、長老オーラだしまくってる中国人おじいさんとその家族ご一行様が、大きな円卓を囲んで楽しそうに食事をしていたりする。
かならず、見たこともない料理(多分日本人はオーダーしないであろう料理)が
たくさん並び、ちびちび紹興酒を飲んでいる。
そういうのを見ると、ついつい”不夜城”の世界を思い出してしまうワタシ。




20060125000702.jpg

随園別館 (北京料理) 
新宿区新宿2-7-4 03-3351-3511
11:00AM~15:00PM/17:00PM~23:00PM
ちなみに”本館”はないみたい。中国語的に画数がいいから”別館”を付けたらし...


スポンサーサイト





オーチャードにあるやつ、あれもディンタイフォンなんですね。そう考えるとあちこちにありますね。

小龍包に穴をあけて、ああっ中の肉汁が...という食べ方をする友達がいるんですが、注意したい気持ちがのど元までこみ上げてきて、そんな自分を押さえるのが苦しいです..
熱いから、仕方ないんでしょうが。 

ワタシの持論は「小龍包と鉄はあついうちにうて」です。笑

2006/01/29 22:49 | URL | taro [ 編集 ]
 シンガポールの有名なのって、ひょっとしてオーチャードのパラゴンの地下のお店ですか?そしたらそれも「鼎泰豊」の支店ですね。昔、台北本店にも行ったことはあるのですが、残念ながら旧正月休みで食べ逃してしまいました。
 「鼎泰豊」ってあまりに有名過ぎて、過剰な期待を抱いてしまうせいか、食べたときの驚きが少なくて困ってしまいます(何も知らずに食べれば旨いのだろうけど・・・)。知らない小さなお店で食べた方が美味しく感じてしまいます。

 今週末は和歌山の磯に脂ののった寒グレ(メジナ)を釣りに行ってきます。釣れたらお魚料理アップしまーす。
2006/01/29 21:32 | URL | hiro [ 編集 ]
こんばんわ。ディンタイフォン、確かに。
新宿の高島屋にもあります。
どうも、場所が変わると、別物になってしまっている気がするのはワタシだけ...?

シンガポールにも、有名な小龍包やさんありましたね?
NYなどにも支店のある...

2006/01/28 22:48 | URL | taro [ 編集 ]
ランチセット、ほんとにお得なお値段ですね。小龍包大好き。私の持論は「小龍包は熱いうちに火傷してでも食え」です。冷めるとちょっとなあ・・・って感じです。

小龍包といえば、ニューヨークタイムズの選んだ「世界10大レストラン」の一つの「鼎泰豊」。最近、あちこちで見ますね。
2006/01/28 22:09 | URL | hiro [ 編集 ]








ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバックurl

→http://yuzutalog.blog43.fc2.com/tb.php/13-84700ad8

プロフィール

taro

Author:taro

おいしいmono, 気に入ったmonoの記録。
気が向いたら、更新。

念のため..
taroは女子です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。